ももいろ歌合戦

スポンサーリンク
ももいろクローバーZ

第5回ももいろ歌合戦観戦記 ももいろ歌合戦開催の本当の意義とは

外に向かっての情報発信が減ると注目度が下がるのよね、すると新規ファンの開拓の機会が減ってしまう。 事業規模の大小にかかわらず、どんな優秀な事業体であっても顧客は自然に減少するものなのよね。 というのも、人は必ず死ぬから。
ももいろクローバーZ

第5回ももいろ歌合戦観戦記 今回の総括と次回の予想と個人的希望

そんなふうに、本来はアウェイのステージにもかかわらずホームのように振舞えてしまうというのが、ももいろ歌合戦の一番素晴らしいところだと思うのよね。 そういう体験をしてもらえなかったのが残念ではある、次回こそはフルスペックのライブを期待したいな。
ももいろクローバーZ

第5回ももいろ歌合戦観戦記 勝敗のポイントとなったのはラスト2対決

これ、対世間ということでもそうだけど、それと同等かそれ以上に日本の音楽、エンタメ業界に与えるインパクトが絶大だと思うのよね。 これはもう「事件」と言ってもいいくらいで、これを超えるものがあるとしたら北島三郎さんとか矢沢永吉さんが出てくれることくらいじゃないかな。
ももいろクローバーZ

第5回ももいろ歌合戦観戦記 物議をかもしたプロレス、電流爆破の真相

本家紅白のほうでは、直近のヒット曲もなく毎年のように同じ曲ばかり歌っている人がいるって批判もあったりするよね。 もちろん色んな意見があっていいんだけど、正直それの何がいけないのか?ボクには今一つ理解ができない。
ももいろクローバーZ

第5回ももいろ歌合戦観戦記 最強アイドルメドレー2021 前編

ここに小島さんを入れ込んだのは大抜擢だったけど、期待をはるかに超えてカッコよかったね。 「柚姫の部屋」の正月スペシャルで春名真衣さんが言っていたけど、ステージ裏ではモニターを見ていた女性陣から悲鳴が上がったんだとか。
ももいろクローバーZ

第5回ももいろ歌合戦観戦記 二年ぶり有観客開催の日本武道館で体感した魅力

というか、まず公演の作り手側にアーティストに対するリスペクトがあって、それが直接言葉で伝えなくともちゃんと観客に届いているということ。 そして、それを感じ取ったアーティストが想いに応える、そういう理想的な空間になるんだよね。
ももいろクローバーZ

第5回ももいろ歌合戦の出演者予想 今回は例年以上の大物参戦か!?

これはいったいどういうことだろう? 考えた結果出てきた答えは、ももいろ歌合戦が始まってからここまでの間に紅白に匹敵するイベントに育ってきたというもの。 というか、落選組の受け皿として注目されてるってところかな。
ももいろクローバーZ

「最速!第4回ももいろ歌合戦の展望と個人的希望」の続き

これ、意外とあり得るとボクは思ってるのよね。 何故なら、彼らも Abema TV で番組を持ってるので、そっちのルートからの推薦も考えられるから。 それと、ジャニーズ勢が多数出演している紅白への出場は99.999…%あり得ないので、その分オファーも通りやすいと思うのよね。
ももいろクローバーZ

最速!第4回ももいろ歌合戦の展望と個人的希望

知ってる人も多いと思うけど、加山さんは BABYMETAL の大ファンでもあるのよね。 でも、加山さんと BABYMETAL では活動のフィールドが違いすぎて競演の機会なんてまずないだろう。 そんな両者を引き合わせることができるとしたら、それはももクロを置いて他にいないと思うわけ。
ももいろクローバーZ

第3回ももいろ歌合戦観戦記の総評と紅白との比較

ちなみに、紅白の演目は企画ものを含め全部で51あったみたいね。 そこで、仮に一曲当たりの歌唱を2分30秒として全体での歌唱時間を計算してみると、2時間1分30秒となる。 それに対して、ももいろ歌合戦の演目は企画ものを含めて40だった。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました